十三のSMクラブに集まる人々

十三でSMクラブをお探しの方はマニアックなプレイを好みます。
SMは風俗に分類されますが、プレイの内容はまるで違います。
一般的な風俗のプレイは女性が男性にキス、フェラ、手コキなどで射精を目的とするヘルスプレイになります。
しかしSMはS側である支配する側とM側の支配される側にわかれてプレイします。
S側は女性であれば女王様、男性であればご主人様、
M側は女性であればM嬢、男性であればM男、またはM側全部を奴隷と呼びます。
プレイの内容は趣味趣向により異なりますが、
SM特有のムチ、ロープ、ローソクといった道具を使うのが一般的です。
SはMをロープや手枷、足枷などの拘束器具で体の自由を奪い、
ムチやローソクで肉体的に痛めつけながら、
ときには屈辱的な格好や行為をさせたり、言葉責めしながら精神的にも弄ぶのです。
この時、ただ単純にMを痛め続けるだけではいけません。
Mの状態を見極め飴とムチを巧みに使いながら、プレイを行っていきます。
たとえば苦痛に耐えたあとは心からMを褒めてやるのです。
そうすることでMはSに対してより忠実になりますし、
誰よりも自分のことをわかってくれるのだと愛さえ感じることになるのです。
もちろんSもそんなMのことを愛おしく感じるでしょう。
そうやってお互いのギリギリの行為を通しながら愛情を深めていくのがSMの醍醐味なのです。

滋賀の風俗を代表するヘルスのお店

滋賀|風俗情報で知っておきたいこと。
滋賀で風俗といえば雄琴のソープが有名だ。
それ以外となれば利用に便利なデリバリーヘルス。
滋賀発だけでなく京都発のデリヘル店でも滋賀全域に派遣してくれる。
そしてもう一つ、滋賀で一店舗だけファッションヘルスの店があることをご存知だろうか。
それがブティックべっぴんだ。
しかもこの店は雄琴のソープ街のど真ん中で長く営業続けているから驚きだ。
なぜこんな地にファッションヘルスがあるのか。
そして長く営業を続けてこれたのか。
その理由を知るためには実際に自分で体験してみるのが早い。
雄琴へ行くには、JR比叡山坂本駅か車で行くかのどちらかしかない。
雄琴から比叡山坂本駅までを送迎してくれる店も多い。
雄琴には大小40店舗ほどの風俗店があり
車で行けば案内係りが手招きして自分の店をすすめてくる。
べっぴんも然りだ。
店の前の大きな駐車場に案内される。
すでに駐車場は多くの車で埋まっている。
手続きを済ませて待機室に座る。
すぐに自分の番号が呼ばれ、女の子が部屋まで案内してくれる。
そこからスタートだ。
まずは部屋のシャワーで洗体プレイ。
あまりの気持ちよさに恥ずかしながらすぐに発射してしまう。
すると別の女性が現れてソファで2R目が開始。
なんとこの店では3Rまで別の女性とヘルスプレイを繰り返すのだ。
ヘルス激戦区の大阪でもこんなプレイは経験したことがない。
だからこそこの地でこの店は長きに渡って営業してきたのである。

大阪京橋の風俗は穴場の店が多い

大阪の風俗を探す際にお勧めなのが風俗情報サイトのヘブンぴゅあらばだ。
大阪で営業しているたいていの風俗店はここに掲載されているので
探す際にはとても便利なサイトだ。
但し、穴場の風俗店は大手の風俗情報サイトではみつけられない。
たとえば京橋は穴場の風俗店が多くほとんど情報は掲載されていない。
その一つが、京橋にある風俗の玉乱堂だ。
京橋にはJR線と京阪線の二つの京橋駅があり
乗降客の数は非常に多いため昼夜問わず賑わいをみせる。
京橋駅周辺を歩けば至るところに飲食店が立ち並び
昼間はビラを配るウェートレスやガールズバーの呼び込みの女の子などで
京橋の街全体が活気に包まれている。
京橋の楽しむうえでもう一つ忘れてならないのが風俗だ。
夜になれば妖しいネオンや派手な看板の明かりが灯り
風俗ビルで有名なザンビアビルを中心に熱気は一層加速する。
昔はこのビルの1Fのピンクサロンが特に人気を集めたが、
いまは風営法により閉店しその代わりに人気を集めるのが玉乱堂である。
4Fで営業するこの店はファッションヘルスの業態で
風俗サービスはすべて店内の各部屋で行われる。
面白いのはシャワーは部屋の中にはなく
全部屋共通のまるで風呂屋のような一つの部屋に設置されている。
従って他の客と風呂屋にきたような感覚で女性が洗ってくれるわけだ。
自分の体を洗ってもらいながらも他の客を洗う女性の裸まで見ることができる。
昔から京橋の風俗はこのような変り種のジャンルが多いことも特徴で
京橋の風俗ならではの楽しみ方を是非とも堪能してほしい。