ピンサロ嬢について

ピンクサロンの特徴の1つは、接客する女性の中に他の風俗では見られないような年齢層や容姿の女性が存在することです。
その理由としては、店内が暗いために客が女性の年齢や容姿を判別しにくい事、採用時の年齢基準が甘い店が多い事等が考えられます。
実際、事件等で報道されて明らかになった中には、家出中の小・中学生や、逆に50歳以上のピンサロ嬢までいました。
また、寮を備えた店もあり、家出中或いは多重債務やドメスティックバイオレンスから逃げている女性がピンサロ嬢になるケースも見られます。
他の風俗でも寮を備えた店はありますが、ピンクサロンは性風俗関連特殊営業で届けられている一般の風俗店のように従業員の身元確認が厳しくないことが多いため、このような女性達にとっては就職し易い環境であると言えます。
一方、ソープランドやファッションヘルスには必ずシャワーや風呂の設備があり、デリヘルの場合も行為の前に客の身体を清浄することが出来ますが、ピンクサロンではお絞りで清拭しただけの客の性器を口にしなければなりません。
にもかかわらず、1人の客に口内発射させた際の報酬は他の風俗に比べて格段に安い上、人気店では客が絶えることがないので、約7時間の勤務時間中は殆ど休憩無くフェラチオをし続けなければならず、肉体的にも過酷であると言えます。
また、ピンクサロンは正式に届けられた性風俗店ではないため、風営法違反や公然猥褻による警察の取り締まりを受ける危険が常に隣り合わせです。
しかしながら、風俗店やキャバクラには抵抗のある女性にとっては入店しやすい業態で、未だピンサロで働く女性は少なくありません。
また、飲食店だと思って入店した女性や、他の風俗店やキャバクラで働けるような女性の中にもピンクサロンで働き続ける女性もいます。

他の風俗と比べたピンクサロン勤務の利点としては以下の事が挙げられます。
・他の風俗店の報酬は歩合制が一般的ですが、ピンサロは時給+歩合給であるため収入が安定していること。特に、人気店は客の入りも安定しているので、高い収入が安定して得られます。
・他の風俗では個室で客と一対一で接しなければならず、安全上の不安があるのに比べて、ピンクサロンは個室ではないため、客とのトラブルがあっても比較的安全な環境だと言えます。
・店内が比較的暗いことにより、ルックスに難のある女性でも問題が少ないこと。接客に於いて、もちろんそれなりに若年で容姿端麗であることに越したことはないが、会話能力や容姿をテクニックでカバーできること、若しくは総合的な接客を経験でカバーできるために、必ずしも年齢を重ねていることが不利とは言えません。
・シャワーを頻繁に浴びる必要がないので、肌荒れの心配が少ないこと。
このような理由と、年齢が高くても勤められることから他の業種に比べて同じお店に長期間勤務する女性が多い傾向にあります。

夏は気温も暑いが、風俗店も熱い!

7月だというのに今日も30度越え。
外回りの営業マンには非常につらい。
ここまで熱いと何か楽しみがないと仕事に集中できない。
それが、仕事終わりの一杯!キンキンに冷えたビールを一気に飲みほす!
最高です。
特に夏場はこうした楽しみがあるので、飲みに行く回数が増えるのです。
自然と酒も進み、財布のひもが緩くなると、人恋しくなって、普段は息をひそめているムラムラがおそってくる・・・
仮にキャバクラにいっても女性と話すだけで、それ以上は×。
っとなると風俗店に行くしかない!
夏はボーナス時期があり、人間は暑くなると活発に外に出たがるため風俗店は多忙です。
各店、客取合戦の始まり~
料金からの値引きや延長サービスは王道ですが、オプション○○○○円分無料などのイベントを開催して店もあります。
最近は標準プレイ料金の中にオールオプション無料などの、AFもできる刺激的なお店も存在する!
っとなるとやはり値引きが大きいお店にはしる傾向ですが、年に2度しかないボーナス時期なだけに高級風俗店を利用する人も多いです。
特にSM店はホテヘル・デリヘル・ファッションヘルスに比べて、少々お高いので、この時期だけ利用してストレスを発散するのも良いでしょう。
いずれにせよ、夏場の週末は特に大混雑!
ホテヘルの待合はギュウギュウ。デリヘル3時間待ち。
人気風俗店は混雑する、それなりの理由がありますから・・・。
楽しめれば不快な待ち時間も一瞬にして忘れることができます。
それに、最近の風俗店の女性のレベルが半端なく高いです。
大げさではなく、キャバ嬢と比べても見劣りしません!
こうした風俗の割引情報や風俗嬢の情報がネット上で流れてるので、事前に調べておくのがよいと思います。
かなり、リアルな情報が飛び交ってるので参考になると思います!
甘ぁ~くて、熱ぅ~い夏にしましょう!

十三のSMクラブに集まる人々

十三でSMクラブをお探しの方はマニアックなプレイを好みます。
SMは風俗に分類されますが、プレイの内容はまるで違います。
一般的な風俗のプレイは女性が男性にキス、フェラ、手コキなどで射精を目的とするヘルスプレイになります。
しかしSMはS側である支配する側とM側の支配される側にわかれてプレイします。
S側は女性であれば女王様、男性であればご主人様、
M側は女性であればM嬢、男性であればM男、またはM側全部を奴隷と呼びます。
プレイの内容は趣味趣向により異なりますが、
SM特有のムチ、ロープ、ローソクといった道具を使うのが一般的です。
SはMをロープや手枷、足枷などの拘束器具で体の自由を奪い、
ムチやローソクで肉体的に痛めつけながら、
ときには屈辱的な格好や行為をさせたり、言葉責めしながら精神的にも弄ぶのです。
この時、ただ単純にMを痛め続けるだけではいけません。
Mの状態を見極め飴とムチを巧みに使いながら、プレイを行っていきます。
たとえば苦痛に耐えたあとは心からMを褒めてやるのです。
そうすることでMはSに対してより忠実になりますし、
誰よりも自分のことをわかってくれるのだと愛さえ感じることになるのです。
もちろんSもそんなMのことを愛おしく感じるでしょう。
そうやってお互いのギリギリの行為を通しながら愛情を深めていくのがSMの醍醐味なのです。